おうちでかんぱ~い♪ 厚揚げと豚肉の花椒炒め。そして、スパイスセミナー報告(その2)

おうちでかんぱ~い♪

うち呑み大好き!おつまみ中心の我が家の食卓の料理とレシピです。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP中華 ≫ 厚揚げと豚肉の花椒炒め。そして、スパイスセミナー報告(その2)

厚揚げと豚肉の花椒炒め。そして、スパイスセミナー報告(その2)

厚揚げと豚コマ肉というチープな素材だけれど、
ボリューム満点で、大好きな味の中華風な一品。

◆厚揚げと豚肉の花椒炒め◆
厚揚げと豚肉の花椒炒め

麻婆豆腐に入れる花椒なので、
麻婆豆腐つながりで、トウチを刻んでいれています。

香りつけは、花椒で。

<材料>2人前
厚揚げ 1枚
豚ばら肉 150g
長ねぎ 1/2本
おろした生姜 小さじ1/2
豆鼓 小さじ1
花椒パウダー、ホール 適量
オイスターソース 大さじ1/2
甜麺醤 大さじ1/2
醤油 大さじ1/2
お酒 大さじ1
輪切り唐辛子 適量
ごま油 大さじ1/2
片栗粉 適量

1.フライパンにゴマ油を入れて、荒くみじん切りにしたトウチ、
  唐辛子、生姜、豚肉入れて炒める。

2.食べやすく切った厚揚げと斜め切りのネギを加えて炒め、
  調味料と水50cc程度入れて、炒め煮にする。

3.甜麺醤・オイスターソース・お醤油を入れ味をつけ、
  紹興酒(または日本酒)、中華スープを入れて煮立ったら。
  やわらか蒸し大豆を1袋入れて煮る。

4.パウダーの花椒を適量入れて、全体を混ぜる。

5.水溶きの片栗粉を少しづつ入れてとろみをつける。
  鍋を揺らすようにして混ぜ、仕上げにラー油を入れる。

6.盛り付けてから、ホールの花椒をつぶして適量かける。

材料に長ねぎと書きましたが、今回は、冷蔵庫にあった葉玉ねぎで
つくってみました。
大好きなパクチーも添えて。

花椒は、パウダーとホールのダブル使い。
ひりりと効いて、ビールもご飯も進んでしょうがない!←いつも(^_^;)


レシピブログ・にほんブログ村参加しています♪
応援のクリックしていただけたらうれしいです!


レシピブログに参加中♪

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ

*********************

昨日の記事の続きです。
ハウス食品さん×レシピブログさんのスパイスセミナーで、
たくさんのブロガーさん達にお目にかかってきました。

かな姐さん、ヤミーさん、ちょりママさんも参加!春のスパイスイベント
かな姐さん、ヤミーさん、ちょりママさんも参加!春のスパイスイベント

【レシピブログの「春のスパイスイベント」レポート掲載中】

スパイスブログで連載中の
かな姐さん、ヤミーさん、ちょりママさんがいらっしゃっていまして、
私のテーブルには、ヤミーさんが!!

ヤミーさんは、TVでも拝見することがありますが、
とっても気さくでさわやかな方で、一気にファンになってしまいました♪
いろんなお話も伺えて、一緒のテーブルですごくラッキーでした!

ちょりママさんは、小さくてかわいらしいイメージですが、
記念写真の時にお隣にいらして、身長がスラリと高くて。

そして、実演は、かな姐さん。
ビューティー♪

かな姐さん

ハウス味付けカレーパウダーを使った
「ごはんがススム☆カレーおかか風味の肉豆腐」

肉豆腐

試食もありました。おいしかったです♪

同じテーブルのブロガーさんと、私に付き合ってくれた同僚も一緒に
楽しいテーブルでセミナーを過ごしました。
ありがとう!

今年1年スパイス大使のスタートが、なんだか楽しくなってきました。

胡椒

↑上の写真は、昨日も載せましたが、胡椒だそうです。
かわいいですよね。

この機会に、スパイス使いを楽しみながら、
料理の幅を広げていけたらいいなと思っています。

どうぞよろしく!


スポンサーサイト

Comment

楽しそう
編集
スパイスセミナー 楽しそうですね。
ぴくるすさんには 趣味と実益を兼ねた 恰好のセミナー
ではないですか♪♪
そうやって ぴくるすさんは どんどんお料理上手になって
いくのね~~。
2014年04月25日(Fri) 00:53
もにもにさん♪コメントありがとうございます!
編集
スパイスセミナー、
知識と試食を、頭とおなかに詰め込んで・・(*^_^*)
せっかくの機会なので、勉強しなながら、
いろいろ使って楽しみたいなと思っています♪
なかなか遠出をする機会がないので、
都内にも出れて、スパイス以外の刺激もたっぷりな
一日でしたー。

2014年05月02日(Fri) 06:56












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL