おうちでかんぱ~い♪ 日記

おうちでかんぱ~い♪

うち呑み大好き!おつまみ中心の我が家の食卓の料理とレシピです。
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 日記
CATEGORY ≫ 日記
       次ページ ≫

なすのトマトパスタ

週末ランチ。

娘は昼にバイトに行ってしまうので、
夫とふたりで、ワインとパスタ。

◆なすのトマトパスタ◆
なすのトマトパスタ

トマトソースに、オリーブオイルで炒めたなすを
入れただけのあっさりパスタ。

トマトソースは、にんにく、たまねぎと、セロリの
みじん切りも入れています。

ベランダのバジルを入れて。

ベランダのディルもパクチーもしなしなに
なりましたが、バジルはまだイケます。

なすのトマトパスタ1

このあと、うっかりというか、やっぱり昼寝。

やりたいことたくさんあったのになあ・・ 


訪問いただきありがとうございます。
レシピブログ・にほんブログ村参加しています。
応援のクリックしていただけたらうれしいです!



レシピブログに参加中♪

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

***********************

父の日。

新潟の父に電話したら、元気そうでほっ。

お父さん、贈り物は、後日ね。

さて、娘は、何か用意しているかしら?
スポンサーサイト
日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

素敵なおもてなしにうっとり

とっても素敵な時間でした♡

テーブル

昨日は、HAPPYさんのお宅にお邪魔させて
いただきました。

まるでショールームのようなきれいに片付いた部屋。
センスのいいインテリアに、
素敵なテーブルコーディネート。

そして、おいしくておしゃれなお料理。

スープ

素敵すぎて、どぎまぎ、おのぼりさん
状態のワタシでしたが、
私のグラスが空くと(すぐ空いてしまいます^^;)
すぐ、笑顔でビールをついでくれる
HAPPYさんの気さくなおもてなしのおかげで
居心地良く、夢心地のひとときでした。

ドリンク1

HAPPYさんのおしゃれなお料理は、
上のかぼちゃのスープは、
↓モッツアレラと生ハムのフライ

モッツアレラフライ

そして、みんなのもちよったお料理の数々。

ヤムウンセン

タラゴンさんのヤムウンセン↑と
蒸し鶏とみょうがとねぎのサラダ↓。

チキンみょうがねぎ


ゼリー寄せ

しえちゃんのエビと夏野菜のジュレサラダ↑と
イカとタコのパスタ↓

シーフードパスタ


キムチ

オンマの小松菜のキムチとトマトのキムチ↑
わかめのキムチも。
↓イカのフェと、宮廷トッポギ

フェととっぽぎ

私は、いわしのマリネ↓

いわしマリネ

あとは、ひよこ豆と空豆のペーストと
レモンのケイク(真ん中あたりの↓)

テーブル2

目にもご馳走、どれも美味しすぎて。

みんなのおしゃべりも止まらず、
気がつけば7時!!

本当に素敵なひとときでした。

最後に。
かわいいくーちゃん。

くーちゃん

HAPPYさん、みなさん、本当にありがとー!!


HAPPYさんのテーブルコーディネート連載→★★



訪問いただきありがとうございます。
レシピブログ・にほんブログ村参加しています。
応援のクリックしていただけたらうれしいです!



レシピブログに参加中♪

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

***********************

日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

さわ山の大福と父のバースデー

昨日から実家の新潟に帰省しています。

移動の車中、新潟に帰ったら「さわ山」の大福が
食べたいなあ。と話していたら、なんと!

さわ山のだんご

妹が買ってくれていました!
ありがとうー♡♡

こちらの大福は、私が今まで食べた大福の
ナンバーワン!
ダントツのナンバーワンなのです。

さわ山の大福

お餅部分もおいしいので、もっと皮が厚くても
いいかと思いきや、このバランスが最高で!

最高においしいあんこを味わうのに
美味しすぎる皮が主張しない薄さでサポート
している、そんな感じ。

奥にあるのは、きんぴらのお団子。
これも、おいしい!!

そしてこれ!おやき!

さわ山のおやき


塩餡のお団子なのです。
塩大福って、新潟以外の地域で売っているのは、
甘い餡に塩味、だけれど、新潟のおやきは、
塩味のみで、甘くないのです。
これも、子供の頃から大好きで、
なぜ、これが全国区にならないのか不思議。


バースデーケーキ

そして、今日は、父の誕生日でした。

みんなでハッピーバースデーの歌を歌って。

最近は歯が悪くて、ちょっとおなかも引っ込んだ父。
歯は悪いし、調子のよくないところもあるけれど、
79歳にしては若々しいく、元気でよかった!

今日は、あられが降った新潟ですが、
明日は、みんなで山にハイキングに行く予定です♪


訪問いただきありがとうございます。
レシピブログ・にほんブログ村参加しています。
応援のクリックしていただけたらうれしいです!



レシピブログに参加中♪

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

***********************
日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

鱈のソテー。新玉ねぎとフレッシュトマトのソース

鱈のソテーをさっぱりと。
新玉ねぎトマトのフレッシュなソースを添えました。
味付けは、手軽に味が決まる香りソルトを使って。

◆鱈のソテー。新玉ねぎとフレッシュトマトのソース◆
香りソルト鱈のソテー1
【レシピブログの「スパイスでひと工夫
   おいしい減塩レシピ」モニター参加中】

減塩料理レシピ
減塩料理レシピ  スパイスレシピ検索

今回のスパイステーマは減塩。
減塩でも、さみしくならないように、
香りソルトで風味付け。

材料>2人前
生たら 2切れ
トマト 1/2個
新玉ねぎ 1/8個
粉チーズ 大さじ1
小麦粉 大さじ1
ハウス香りソルト<イタリアンハーブミックス> 小さじ1/2
ハウス香りソルト<レモンペパーミックス> 小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1と1/2

1.新玉ねぎは粗みじん切りにする。
  トマトは1cmくらいの角切りにする。
  オリーブオイル大さじ1/2と
  ハウス香りソルト<レモンペパーミックス>を入れて
  混ぜる。
   
2.生鱈にハウス香りソルト<イタリアンハーブミックス> 
  を振ってなじませ、下味をつける。
  小麦粉と粉チーズを鱈にまぶしつける。

3.フライパンを火にかけ、オリーブオイルを入れて、
  焼き色がつくまで両面焼く。

4.皿に鱈を盛り付け、トマトのソースを添える。

鱈は、塩けのある塩たらでなく、生たらを
使って香りソルトで塩気を加えます。

調理の手間もなく、手軽なのもでうれしい!

今回は、魚の下味に香りソルト<イタリアン
ハーブミックス>を、ソースの味付けに
<レモンペパーミックス>を使いました。

ハーブやレモンの風味で、塩分控えめでも
味がさみしくならず、満足なメインディッシュに
なりました。

香りソルト鱈のソテー



訪問いただきありがとうございます。
レシピブログ・にほんブログ村参加しています。
応援のクリックしていただけたらうれしいです!



レシピブログに参加中♪

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

***********************
日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

花わさびの酢醤油漬け

今年も花わさびが売っているのをみつけました。

◆花わさびの酢醤油漬け◆
花わさびご飯

花わさびの袋に印刷してあるレシピに、
塩で揉んでから80度のお湯でさっと湯通し
するように書いてあったので、
塩もみしてから、温度計でお湯の温度を計って
さっと湯通し。

味付けは、醤油、みりんに、お砂糖とお酢を少し。

ぴりっと辛くて、いい香り。

おつまみにも、ご飯のおかずにも重宝しています。


訪問いただきありがとうございます。
レシピブログ・にほんブログ村参加しています。
応援のクリックしていただけたらうれしいです!



レシピブログに参加中♪

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

***********************

横浜イチのびびり犬みるく。

お散歩中のわんちゃんとすれ違うときは、
大きく避けていくので、バツが悪いことも
しばしば。

そんなみるくですが、最近、同じマンションの
ロールちゃんと週1ペースで、一緒にお散歩
してもらっています。
少し慣れてきたような気もするけれど、
距離感50cmはある感じで、仲良しになるには
まだまだ時間がかかりそうな感じ。

そんな、2匹のお散歩中、
すれ違ったわんちゃんにロールちゃんが
ちょっと吠えたんです。
そしたら、みるくもそのわんちゃんに向かって
うーと唸った!しかも歯をむいて!

いつも犬とは目を合わせない!と決めて
いるようなみるくですが、顔をむきあわせて
唸っている姿にびっくり!!

女の子のロールちゃんを守ろうとしている
ようにも思えたけど、
こっちは2匹だぞーと調子のっているようにも
みえたし(笑)

7年一緒に散歩して、初めての出来事でした。

でも、唸っていても、腰が引けていて
びびっていたのは間違いなく(笑)
思い出すと、ちょっとおかしくなってしまいます。
日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)