うち呑み大好き!おつまみ中心の我が家の食卓の料理とレシピです。

一足お先に、ふるさとのお雑煮

2
気がつけば、11月も下旬。

時間の流れるスピードが速くて・・
聞くところによると、時間の流れが速く感じるのは、
歳をとった証拠みたいですよねー(^_^;)

◆お雑煮◆
雑煮4

ヤマキだし部 一足お先におだしでおいしいお雑煮レシピ
ヤマキだし部 一足お先におだしでおいしいお雑煮レシピ  かつおと昆布の合わせだし

母の味のお雑煮。
家庭料理なので、その時あるもので、使う食材は
異なったりしますが、具だくさんのお雑煮です。

鮭が入っていますが、新潟では、お雑煮に鮭を
入れる家庭は多いようです。

実家のお正月は、まず餡子やきなこで餅を食べて
その後雑煮を食べて、とまさに餅三昧!

今では一食にお餅を3つくらい食べる父ですが、
私が子供の頃は、7つ8つ、いや、もっとたくさんかな?
食べていたような気がします。

前置きが長くなりましたが(^_^;)

ヤマキだし部、今回のテーマは
「一足お先におだしでおいしいお雑煮レシピ」

かつおと昆布の合わせだしで、
塩鮭入りのお雑煮をつくりました。

雑煮6

<材料>4人前
ヤマキ基本のだし かつおと昆布の合わせだし 2パック
大根 10cm
人参 5cm
塩鮭 2切れ
鶏もも肉 1/2枚
こんにゃく 1/2枚
かまぼこ 5cm
しいたけ 2枚
長ねぎ 1/3本
ほうれん草 適量
醤油 大さじ1と1/2
塩 適量
餅 適量

1.鍋に水800ccと、ヤマキ基本のだし (かつおと
  昆布の合わせだし)を入れて火にかける。
  煮立ってから3分位煮た後、だしパックを取り出す。

2.大根、にんじん、かまぼこは短冊切りにする。
  しいたけは薄切りにし、長ねぎは斜め薄切りにする。
  こんにゃくは、短冊切りにして下茹でする。
  鶏肉は、塩鮭は、一口大に切る。

3.だし汁に大根、人参、鶏肉を入れて煮る。
  大根と人参が柔らかくなったら、塩鮭、長ネギ、
  かまぼこ、日本酒、醤油を入れ煮て、塩で味を調える。

4.お椀に盛り付け、茹でたほうれん草(三つ葉でも)と
  焼いた餅を入れる。

雑煮5

さあ、お正月の予習完了!(笑)

年末に向かって、やるべきことは山盛り。
時間の流れに負けないようにがんばらなきゃ!


訪問いただきありがとうございます。
レシピブログ・にほんブログ村参加しています。
応援のクリックしていただけたらうれしいです!



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

**********************
スポンサーサイト



2 Comments

There are no comments yet.

もにもに

具沢山

一碗で お腹いっぱいになりそうな 楽しい具沢山ですね♪
お雑煮って ご当地色も出るけれど やっぱり 家庭の味
ですよね。

ぴくるす

ぴくるす

もにもにさん、コメントありがとうございます!

そうそう!地域色もあるけど、お雑煮って
家庭の味ですよね。
ほぼ毎年実家でお雑煮を食べるので、
もう五十何年も親しんでいる母の雑煮。
来年も、また次の年も、ずーっと母の雑煮で
お正月を迎えられたらいいなあなんて、
思っています。

  • 2018/11/27 (Tue) 08:09
  • REPLY