うち呑み大好き!おつまみ中心の我が家の食卓の料理とレシピです。

海老あんかけ茶碗蒸し

0
茶碗蒸し、大好き。

大晦日には、母の作った茶碗蒸しを食べました。

鶏肉や銀杏、しいたけなどが入った
王道の茶碗蒸し。
かまぼこと、大好きなゆり根も入ってました。
ゆり根も大好物なのです。

◆海老あんかけ茶碗蒸し◆
えびあんかけ茶わん蒸し2

ヤマキだし部 おだしでつくるおもてなしレシピ
ヤマキだし部 おだしでつくるおもてなしレシピ  かつおと昆布の合わせだし

これは、母の作った茶碗蒸しではなく
年末に私が作った茶碗蒸し。
ゆり根好きが過ぎて、
茶わん蒸しの具材はゆり根だけの潔さ(笑)

だしの旨みたっぷりなふるふるの茶わん蒸しと
ほっくり柔らかなゆり根のハーモニー。
癒される味わい。

ゆりね

ゆり根、ほくほくとして、独特の香りがまた
いいですよね。

でもゆり根では、ちょっと寂しいかと思って
海老の餡をかけました。

餡をかけるとご馳走風になりますよね。

茶碗蒸しの場合は、ちょっと失敗しても、
あら隠しにもなったりして、餡は優秀!


<材料>4人前
ヤマキ基本のだし かつおと昆布の合わせだし 2パック
卵 3個
海老 3尾
ゆり根 1個
●みりん 大さじ1/2
●薄口醤油 大さじ1
●塩 ひとつまみ
<えび餡>
日本酒 大さじ1
みりん 小さじ1
薄口醤油 小さじ1
塩 適量
片栗粉 大さじ1/2
三つ葉などの青み野菜 適量


1.鍋に水800ccと、ヤマキ基本のだし (かつおと
  昆布の合わせだし)を入れて火にかける。
  煮立ってから3分位煮た後、だしパックを取り出し、
  冷ましておく。

2.ゆり根は1枚ずつはがし、汚れているところを取り除く。
  お湯で茹で、ざるにあける。

3.卵は白身を切るように混ぜる。。
  卵の容量を計り、出汁(500cc位/調味料を含めて
  卵の容量の3倍)とみりん、薄口醤油と、塩少々を
  入れて混ぜ、ざるでこす。

4.耐熱容器にゆり根を入れ、卵液を注ぎ、
  蒸気の上がった蒸し器に入れ、強めの火加減で2、3分蒸し、
  そのあとごく弱火で15分位蒸す。

5.海老は殻をむいて背ワタを取り、荒くみじん切りにする。
  鍋に日本酒と塩、海老を入れて炒るようにして加熱し、
  だし汁120ccと薄口醤油、みりんを加え、沸騰したら
  大さじ1の水で溶いた片栗粉を混ぜながら加え、
  しっかり加熱する。

6.茶碗蒸しに餡をかける。

茶わん蒸し蒸し上がり

茶わん蒸しは、蒸篭で蒸しましたが、
お湯をはった鍋でも火加減に気を付ければ
できます。

えびあんかけ茶わん蒸し

痛恨のミスで三つ葉買い忘れ!
カイワレ大根でおもてなし感が薄まりましたが(T_T)
えび餡かけ茶わん蒸しは、おもてなしにも
いいんじゃないかと思います。

茶わん蒸しは手間がかかる料理ですが、
ヤマキさんのだしパックを使えば
ひと手間省きながらおいしいおだしが使えるので
とってもうれしい!

今度は、三つ葉でリベンジしようと思います^^;


訪問いただきありがとうございます。
レシピブログ・にほんブログ村参加しています。
応援のクリックしていただけたらうれしいです!



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

*****************

実家でのんびりと過ごしたお正月も終わり、
ただ今移動中の車の中。

帰省ラッシュでかれこれ7時間の移動です。
あと一息!
運転手のパパさん、頑張って!
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.